◆ページデータ  ◇私信/競馬考 ホームサイト
              ◇ページ内記載内容・・*サイン競馬回顧録

 

 

 

 

 

◆サイン競馬回顧録

 

  このページは、

   不定期ではありますが、競馬の話しを中心に、

   書き留めていこうと、思っています。

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

  以下は、昨年の始めに書いたものだ。

   そして、昨年もBIG TIMEであった。

   当然だが、形を変え、それは、G1に影響を与えていた。

   【中】の付く騎手の横枠が、よく来ていたはずだ。

   今年は、FEEL LIVE。

   早くも、フェブラリーステークスでは、

   【フィール】ドルージュの、同枠横馬が、絡んだはずだ。

   これを、偶然とするなら、それは、その人の考えであり、

   私は、とやかく言うつもりはない。

   昨年・一昨年、このフェブラリーステークスは、

   【タイム】パラドックスの、同枠横馬が絡んでいる。

   これも偶然というなら、もう何も言うことはない。

   ただ、(?)と思うなら、一緒に、見極めてみないか。

   このサイン競馬を・・

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

  G1レースには、毎年、[共通のテーマ]がある

   ビックタイム・SMAPの居正宏さんが出演する、CMである。

   昨年の、G1レースの結果を見ることにしよう。

 

 
H17年 レース名
枠連
勝利騎手
レース結果分析
中山金杯
5-7
横山典
中館の横枠
京都金杯
1-5
大中小の付く騎手・厩舎に注意?か
フェブラリーステークス
4-8
福永
田中勝の横枠
高松宮記念
7-8
大西・小島太の横枠、小牧・小池の横馬
桜花賞
4-8
福永
小牧の横枠(横馬)、小島太・小島貞の横枠
皐月賞
5-7
田中勝の横枠、小島太・小島茂の横枠
天皇賞
5-8
安藤
小牧の横枠、大久保洋の横枠(横馬)
NHKマイルカップ
6-7
福永
大久保正・小島茂の横枠、中村の枠
オークス(優駿牝馬)
2-3
福永
大久保正・小野の横枠、中村の枠
ダービー(東京優駿)
3-4
小野の横枠、大久保正の横枠(3着)
安田記念
4-6
藤田
田中勝の枠
宝塚記念
3-6
池添
中尾の横枠
スプリンターズステークス
2-7
F・コーツィー
小島貞の横枠
秋華賞
3-5
大久保洋の横枠、小牧の枠
菊花賞
3-4
大久保洋の横枠
天皇賞
1-7
松永
小島太の横枠
エリザベス女王杯
1-4
池添
大久保正・洋の横枠、中尾・中村の横枠
マイルチャンピオンシップ
3-6
ペリエ
中村・田中勝の横枠
ジャパンカップダート
4-5
大久保洋・田中勝の横枠
ジャパンカップ
7-8
デットーリ
中尾の横枠
阪神ジュベナイルフィリーズ
3-6
熊沢
田中・中舘・小林・小牧に囲まれていた
朝日杯フューチュリティS
3-6
福永
田中章の横枠、大久保正・小島太の横馬
有馬記念
3-5
ルメール
中尾・中舘の横枠 

 

   まさか、これを見て、「偶然」と言う人は、いないであろう。

    みごと、大・中・小 の付く、騎手・厩舎の横枠が、連複に絡んでいるのである。

    さて、今年は、どうなのだろう。

    ビックタイム・中居正宏さんの、CMは、変わっていない。

    このレポートを書いている間に、[フェブラリーS] が終了した。

    田中勝・中舘・小牧騎手の、横枠は、連複に絡んでいない。

    金杯は、どうだろう。

    京都金杯は、[ビックプラネット]が、1着。

    だが、大久保正厩舎・小牧騎手からは、3っ横枠

    中村厩舎からは、4っ横枠

    中山金杯は、大西・小野騎手、大久保洋・小島太厩舎の横枠が、1,2着

    しかし、どうも私は、ピンとこないのである。

    [同じことは、してこない]と、私は思っている。

    むしろ、[さりげない] のは、ビックタイムのほうである。

    [フェブラリーS] のCMが、[汝・・・、汝・・・、汝・・・] と、

    繰り返していた。  [汝・・・] と [何時・・・] 

    [フェブラリーS]では、タイムパラドックスの枠、

    そして、〇〇〇〇〇〇・〇〇〇〇〇〇・〇〇〇〇〇〇・の横枠が来た。

    こちらのほうではないだろうか。

 

           XXXXXXXXXXXX サイン競馬回顧録 トップに戻る XXXXXX

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

  今年も、押し迫った。

   有馬記念、私の予想(?)で、当てた人がいた。

   友人の、お母さんである。

   「ありがとうね」 と言われ、きょとんとしていると、

   「あんた、1番だって、言ってたでしょ」

   そうか、友人のお母さんは、私が変更したのを、知らなかったらしい。

 

  友人が説明をすると、

   「ばっかだねぇ。

   そのまま行ってたら、1週間前に当てた事になって、

   一躍、有名人だったのに・・(笑)」

   そうかもしれないなぁ。ちょっと一瞬、後悔の念が出た。

   しかし、それは、すぐに消えた。

   なぜなら、変更は、私の信じたものだったから・・

   夕食が、豪華だったことが、嬉しかった。

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

  終ったことは、いい。

   しかし、結果の分析は、大切である。

   それは、次につながる。

   当たった・・ 嬉しい。 はずれた・・ 悔しい。

   それでは、一向に進歩がない。

   たとえサインが、はずれたとしても、2回目がある。

   3回目は、精度が落ちることが多いが、2回目は、ほぼ確実だ。

   その日のために、刀は、研いでおくものだ。

   【 FEEL LIVE 】

   【 私の好きな馬が今日も走っています 】

   【 織田裕二 】

   この中に、ヒントは隠されている。

   そのベールを脱ぐのが、1月6日 金杯である。

   この金杯から、その年のG1へ、サインが出る。

   また、有馬記念から、前半のG1へ、サインが出る。

   これは、長く続いた歴史が、証明してくれる。

   1月7日の、ガーネットステークスからは、

   2月18日の、フェブラリーステークスへ、サインが送られる。

   レースは、つながっているのだ。

   今年こそ、G1だけでも、新聞は、切り抜いて、取ってて欲しい。

   それはあなたを、一人前にしてくれる、

   アイテムになるはずだ。

 

           XXXXXXXXXXXX サイン競馬回顧録 トップに戻る XXXXXX

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

  JRAの方針は、もう、決まっているだろう。

   ひょっとして、ダービー馬も、決まっているかもしれない。

   あの馬・・ そんな予想はあるが、

   それは、確実になってから、話そうと思う。

   今年は、ディープで沸いた年だった。

   しかしそれは、JRAの、究極の方法だったはずだ。

   なぜなら、毎年、三冠馬は出せない。

   そんなことをしたら、三冠馬の威厳がなくなる。

   三冠馬が出た後は、何頭かの馬で、話題を作る。

   レースを荒らして、お客さんを呼ぶ方法もある。

   しかし、ことG1に限っては、その可能性は少ないと見ている。

   お客さんを掴む、最良の方法は、

   【 当てさすこと 】

   だからだ。

   だけど、勝ち馬は、変わる。

   これさえ押さえておけば、通常のレースより、

   G1の方が、当てやすい。

   来年は、いいスタートダッシュを決めたい。

   切に、思っている。

   そのために、私も、刀を研こうと思っている。

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

  友人から、電話が入った。

   「お前、まともに、やりすぎだよ。

   どこのサイトも、収支報告なんて、やってないだろ。

   当たった、当たったって言うけど、

   何点買って当たったのか、

   何レース、情報して当たったのか、

   はっきりさせてないだろ。

   たくさん、読んでもらいたいなら、たくさん予想して、

   当たった、当たったって、書くんだよ。

   3連単が当たれば、大抵は、万馬券だ。

   またまた、万馬券獲得、

   うそじゃないんだから、書けるだろ。

   ば~か、買わなくたって、いいんだよ。

   予想だけで、いいんだ。

   誰が、何十点も、買う奴がいるかぁ。

   100円ずつ、買うのか・・・」

   しかし、最後には、

   「お前らしいな。

   しかし、甘くはないぞ。

   G1、当たらない限り、俺は、レポート買わないぞ。

   まぁ、がんばれや」

 

  友人とは、いいものである。

   しかし、

   彼との会話の中で、新しいコーナーの案が、浮かんだ。

    ・100円ずつ、購入、

    ・かすっている、レースが多い。

    ・競馬で、飯食う訳じゃ、ないんだ。

   G1ならともかく、通常のレースに、

   何千円も賭けるのは、一般的では、ないであろう。

   で、今週から、始めてみようと思うんです。

   その名も、

   [2,000円、いくらになるの~]の、コーナー。

   これは、3連複・3連単だけ、20点、

   100円ずつ、購入をするものである。

   サインが出ている馬を、すべて買う。

   どれが当たるか、余計なことは、一切考えない。

   機械的に、100円ずつ買う。

   そして、買った2000円、いくらになるか、

   と、いうものである。

   私も、今まで、こういう買い方は、したことがなく、

   面白いかもしれないと、思っている。

 

  そこで、活躍するであろう、ものが、

   今週、書こうと思っている、[人気馬表]である。

   これが、活きてくるであろう。

   ただ、このコーナーで当たっても、うちわ、だけで、喜びましょう。

   100円ずつ、手当たり次第、買っているのですから-

   いばれません。

   あら~、1万になったや~って、喜べたらいいですよね。

 

           XXXXXXXXXXXX サイン競馬回顧録 トップに戻る XXXXXX

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

  昔、場外馬券売り場で、こんな光景を見ました。

   ある老人が、仲間数人の中で、

   「ほら見ろ。1点買いで、当てたぞ」 と、自慢をしている。

   その仲間達は、

   「お~、すげぇなぁ~」 と、賛美を送っている。

   しかし、私は、知っていた。

   その老人の、ズボンの後の、ポケットには、

   1点買いの、はずれ馬券が、たくさん、入っていることを-

   (こいつ、当たったって言ったって、負けてるだろ~)

   私たちは、そんな老人には、ならないように、しましょう。

   さぁ、NHKマイルカップです。

   友人に、レポートを買わせるためにも、

   はりきって、行きましょう。

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

  私が、初めて競馬をやったのは、

   30数年前の、目黒記念である。

   友人が、馬券を買いに行くと言うので、

   適当に、枠連1点を頼んだ。

   残った友人と、ラジオの実況中継を聞くが、

   枠連の、番号は覚えているものの、

   馬の名前までは、覚えていない。

   友人たちと、番号を叫びながら、

   訳の判らない、応援をした。

   なつかしい想い出である。

   ある時、最終レースを終えて、出てくると、

   アタッシュケースに、いっぱいの札束を入れて、

   「どうだ、一点買いだ」と、

   景気のいい声が聞こえ、人だかりが、できていた。

   この本の通りに買えば、この通りと、

   しわがれた声で、おじさんが叫んでいた。

   田舎者で、若く、まだ素直な私たちは、それを信じた。

   お金を出し合い、その、魔法の本を購入、

   次の日、勇んで、競馬場に向かった。

   おしいレースはあるものの、一向に、当たらない。

   お金をなくして、出てきた処には、

   当然の如く、おじさんの姿はなかった。

   「うそかぁ~」

   人生で、初めて味わった、むなしさ、だったかもしれない。

 

  数年前にも、情報会社に、入会したことがあった。

   どうしても、お金が必要だったのである。

   昔と違って、当たってもいないのに、当たったと、広告を出すことは、

   許されてはいなく、罰せられる、との話しを聞くも、

   万全を期し、2社に入会をした。

   その会社は、今も、スポーツ紙に、広告が載っている。

   有馬記念の、前週である。

   1社は、勝負レースと、Bランク予想で、約束通りの、2レースの予想、

   もう1社は、3連単中心で、確勝レースは、1レース。

   全部、はずれである。

   有馬記念の週、全部、はずれである。

   年が明けて、さぁ、金杯。

   と、1社が、いつもの、2レースの他に、

   参考レースと称し、5レースの、情報を送ってきた。

   不思議に思うも、言われたままに購入、

   はずれである。

   情報も最後、フェブラリーステークス。

   1社は、参考レースであった。

   この辺までくると、ボーナスは、底をついている。

   厚めに買うのは、当然、勝負レースである。

   フェブラリーステークス、当たり、も、

   勝負レースも含め、他全部が、はずれである。

   またやってしまったかぁ、と、つぶやいたのは、言うまでも無い。

   私が、情報会社に、入会することは、

   もう、二度とないであろう。

   よく考えてみると、

   土・日で、100万も儲けられるなら、

   私なら、面倒なホームページや、メルマガなど、

   やらないだろう。

   一人で、こっそりと、競馬をしているだろう。

   では、なぜ私が、このサイトを開いたのであろう。

 

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

  私には、夢がある。

   また、このレポートを世に出してくれた、

   そして、ホームページを、無償で作成してくれた、

   [Wing] の方々にも、御礼がしたい、

   そのために、お金が必要なのです。

   競馬で・・・は、不可能ではないが、

   今の方法では、お金が貯まるまでに、時間が掛かりすぎること、

   計画が、立てずらいこと、

   そして、一発勝負では、危険が大きすぎること、

   夢のためにも、ホームページというものの、経験を積んで措きたいこと、

   などの理由で、このサイトを開いた訳です。

 

  だから、私の、このサイトには、

   100万円・・・またまた万馬券・・・などと、

   威勢のいい、キャッチコピーはない。

   買目を絞っているせいも、あるかもしれないが、

   むしろ、はずれる方が多い。

   ただ、一ヶ月を通して、利益は出る。

   出ている。

   そして、レポートを、身に付けていただければ、

   あなたは、一人立ちが、できる、ということだけである。

   しかし、それは、素晴らしいことだとも、思っている。

   誰しも、お金は欲しい。

   しかし、それが安定してくると、

   「稼ぎ方」を、問いたくなる。

   自分の足で、歩きたくなる。

   誰かのコピーでは、満たされなくなる。

   それが、人間であろう。

 

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

  私の、このサイン読みは、

   1番と8番、などと、

   単純に、出てこない。

   候補が、何点か出てくる。

   例えば、今回の、「皐月賞」

    1,「若葉賞」2着馬の、横枠

     このサインから、1枠と、3枠が候補

    2,最高賞金馬の枠から、4つ横枠

     このサインから、2枠と、4枠が候補

    3,「Xサイン」から、5番と、7番の馬が候補

   と、出てくるのである。

   この候補を、どう組み立てるか、どれを選ぶか、

   それは、あなたの読みと、経験、

   そして、勘と運、なのである。

 

 「フサイチジャンク」は、3億6000万円の馬、

   来年のクラシックには、

   「フサイチタツノリ」が、間違いなく、名乗りを上げるだろう。

   4億9000万円、国内最高のセレクトセール価格である。

   では、「ダービー」は、どうする?

   などと、JRAの最高責任者になったつもりで、

   想いを巡らせている時間は、

   私にとっては、楽しいひとときなのである。

 

  私の、買目は、

   馬連で、1~2点、そのまま、馬単、

   3連複で、2~4点、そのまま、3連単。

   計6点位で、収めている。

   いろいろと試したが、この方法が、一番、利益を生んだからである。

   ましてや、このサイトを見ていただいている方々には、

   毎週、当たって、困っている、などと言う人は、

   まず、いないであろうし、

   競馬に廻せられる、お金には、当然、限度があるはずである。

   サラリーマンである私も、よく判るが、

   小遣いの範囲でしか、やれないのである。

   1つのレースで、買目30点、などと言われても、難しいであろう。

 

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

  私にも、借金がある。

   昔とは、質が違うが、まだ残っている。

   借金は、早く返したい、と、

   誰しもが、思っているはずである。

   ただ、ギャンブルと呼ばれていることを、やる方は、

   一括で、返したい、と思いがちである。

   そして、墓穴を掘るのである。

   かつての、私だが・・・

   「来週も、競馬はあるんだ」の、

   友人の言葉に、目が覚めたのである。

   [人気馬表]の作成を、私は推奨している。

   レポートにも書いてあるが、(メルマガでも、書くことがあるでしょう)

   この、[人気馬表]の、6番以内の馬での、3連複が、

   約半分を占めているのである。

   だが、この3連複を、買い続けると、どうなるであろう。

   勝率は、大幅に、アップする。

   たが、利益は、出ないのである。

   10レース中、8レースを当てたが、1万円のマイナス、

   というよりも、

   10レース中、1レースしか当たらなかったが、1万円のプラス。

   このほうが、いいはずである。

   来週も、競馬はあるのですから・・・

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

   サイン競馬トップ > サイン競馬基本考 > サイン競馬回顧録 > メルマガサイト