◆ページデータ  ◇私信/競馬考 ホームサイト
              ◇ページ内記載内容・・*サイン競馬基本考

 

 

 

 

 

◆サイン競馬基本考

 

   ここでは、なぜサイン競馬なのか、私達の競馬に対する、

    基本考を書き記しています。

    競馬の歴史、背景から、その考え、想いを書いています。

    ご理解いただければ、あなたのサイン競馬にも、力が入るでしょう。

 

   [日本の競走馬は、経済動物である]

    私達の根本は、この発想からである。

 

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

   競馬の発祥地 「イギリス」は、数百年を掛け、
    3頭の馬から、今の競走馬を作り上げた・・・

    という話しは有名であるが、それは、
    「お金のことを、まったく気にしない、貴族の遊びであった」
    という話しは、聞こえてこない。

    永遠に続く、「速い馬」への、壮大な夢でもあった。

 

 XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

   「日本」の場合は、どうだろう。

    詳しくは、JRAのホームページを、ご覧いただきたい。

 

 //////////////////////////////////////////////////////////////

 

   1862年、居留外国人により、初めての競馬が披露され、

    その後、奉納を目的として、

    あるいは、日清戦争・北清事変の際、

    外国馬との、馬格の違いに疑問を持ち、

    英・米・仏より、馬を輸入、

    あわせて、西欧より、畜産学を導入し、

    育成・研究を始める。

    一時、賭け事への非難、戦争等で、中止の時期があったが、

    1923年より、現在に至る。

 

 //////////////////////////////////////////////////////////////

 

   簡単に書けば、こんなところだが、

    [イギリス]とは、

    随分と、背景が違うと、思われるだろう。

 

   サラブレットの、主なる生産地は、北海道の日高地方。

    あの「襟裳岬」(よしだたくろう・森進一)の歌で有名な場所から、
    札幌にかけての、一帯である。

    あなたは、行ったことがあるだろうか。

    「何もない 春です」の歌詞の通り、
    ゴールデンウィーク前は、売店すら閉まっている。

    ただ、海からの風が強い。

    農業も、漁業も、あまりかんばしくは無い。

    (近年は研究も進み、色々な産業が、生まれている)

 

   昔、「競走馬が、金になる」と、こぞって、生産に走ったと聞いた。

    バブルがはじけてからは、セリにかけても、売れ残る馬が多いという。

   産業が、
    裾野に広がりがなければ、発展がないように、
    競馬においても、同じことがいえるであろう。

    社台と、武騎手だけでは、競馬はできないのである。

    入るお金を、裾野まで、うまく廻していかなければならない。

    そのために、サインは、必要なのである。

 

 //////////////////////////////////////////////////////////////

 

   [強い馬が、勝つ]

    では、日本の競馬は、成り立たないのである。

    だから、

   [勝つ馬は、走る前に決まっている]

    のである。

 

 //////////////////////////////////////////////////////////////

 

   八百長?
    いや、八百長では、ないのである。

    たとえば、私達が、3番の馬を買おうとした時、
    それじゃ、5番にしよう、というのが、八百長で、
    私達が、何番の馬を買おうが、勝つ馬は、変わらないのである。

   幻滅した?

    いや、幻滅など、しないでほしい。

    映画は・・・テレビは・・・舞台は・・・

    シナリオがあっても私達は、
    感動もできるし、涙も、笑いもできるのである。

   事実、
    有馬記念を、オグリキャップが、トーカイテイオーが、駆け抜けた時には、
    よかったと思ったし、

    天皇賞、サイレンススズカが、4コーナーを逸れた時、
    驚きもしたし、悲しみもした。

    テンポイントには、助かってほしかったし、
    人生・・・などと、考えもした。

    感動は、できるのである。

   ただ、

    競馬に、競走馬に、感動することと、
    馬券を当てる、ということは、
    別な事だと、思っているのである。

 

 //////////////////////////////////////////////////////////////

 

   レースの賞金等では、限りがあり、
    人数的にも、限定をされてしまう。
    それを補うための、サインである。

    これだけ、情報網が発達した現在において、
    みんなが集まって・・・というのは、
    無理な話しである。

    ならば、昔から使われていたサインが、
    サインとして、使われている、と考えたほうが、無難である。

    新しいサインは、特定の関係者の為だけで、
    継続性はない、と思っている。

 

 //////////////////////////////////////////////////////////////

 

   これが、
    競馬に対する、基本の考えである。

    ご賛同をいただければ、
    あなたの、サイン読みにも、力が入るであろう。

    競馬が、いや別なゲームでも、
    何が勝つか判らない、というものを、
    当てる方が、難しいのではないだろうか。

    単純に、サイコロ2個を、転がして、
    その目を当てろと言われても、
    相当に、難しいと思う。

   ただ、そこに、
    特定のルールがあったなら・・・

   名探偵の如く、
    その謎は、簡単に解くことができるであろう。

 

   それは、

    私であり、そして・・・ あなただと、思っている。

 

   サイン競馬トップ > サイン競馬基本考 > サイン競馬回顧録 > メルマガサイト